もえここが行く!!!大自然に囲まれて。。。2

子供と一緒に山登りにキャンプ、外遊び大好き♪♪もえここファミリーの思い出を日記にして思いのまま綴っております(*^-^*)

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★クライミングランキングはこちら~♪                                                             ★登山ランキングはこっち~♪

2013夏山縦走。。。その④


Category: ★バックバックキャンプ > 2013/8 朝日岳-雪倉岳-白馬岳-小蓮華岳   Tags: ---
2013年8月11日~14日

北アルプス最深部となる朝日岳~雪倉岳を経て白馬岳~白馬大池へ
三泊四日で縦走してきました♪

464_2013082820474124b.jpg

あ~~山頂~~!!
越えても越えても偽ピーク(笑)


★クライミングランキングはこちら~♪                                                             ★登山ランキングはこっち~♪

今更ですが。。。
ここで朝日岳と雪倉岳のご紹介(*^-^*)

それどこ?と聞かれたので。。。
はい。私も今回調べるまで詳しくは知りませんでした(笑)


朝日岳
飛騨山脈(北アルプス)後立山連峰にある標高2,418mの山。富山県と新潟県にまたがる。
中部山岳国立公園内の北アルプスの最北部に位置し、富山県側の旧下新川からは東側に見える。日本国内では朝日岳より北にこれより高い山はない。積雪量が多く、山頂付近には夏でも雪渓が残る。山頂は平坦で豊富な高山植物が見られる。
日本海沿岸の親不知から朝日岳には、栂海新道(つがみしんどう)と呼ばれる、海抜0mと山頂とを結ぶ長大な登山道がある。日本三百名山及び新日本百名山にもなっている。


雪倉岳
雪倉岳(ゆきくらだけ)は、飛騨山脈(北アルプス)後立山連峰にある標高2,611mの山。日本二百名山の一つ。富山県と新潟県にまたがり、山域は中部山岳国立公園に指定されている
「雪」の字がつく日本の山のうちでは最も標高の高い山である。また、標高2,600m以上の山としては国内で最も北にある。国内では、雪倉岳より北に、それより高い地点はない。
積雪期には雪の間のところどころに岩が顔をのぞかせる。その岩を地元猟師らが「倉」と呼んでいたことから、雪と倉の山という意味で「雪倉岳」と呼ばれるようになったという。山頂から東に1.4km程の位置に銀鉱山跡があり、天保のころまで採掘が行われており、その作業道が登山道となっている。山頂から北北東1km程の位置に雪倉の池がある。(1917年に木暮理太郎が命名。)
日本で初めて氷河地形の存在が示された山であるとする説がある。
朝日岳と白馬岳との中間に位置し、縦走の経由地として通過されることが多いが、高山植物が非常に豊富で、登山者も少なく、静かな山歩きが楽しめる。周辺は白馬岳連山高山植物帯となっている。

(ともにWikipediaより抜粋)



では、レポの続きを。。。


雪倉岳山頂で絶景を堪能して。。。
しっかりと休憩をとったら、次なる山頂白馬岳へ向かって出発♪

まずは、雪倉岳避難小屋を目指して。。。下ります(^-^;
あ~あ~また標高下がっちゃうよ(笑)
でも、ここ風に吹かれて気持ちいい稜線です♪
ただ、足元ザレザレなのでしっかりとバランスとって足元に集中して!!
404_201308282049575ba.jpg 405.jpg 407_2013082820495566d.jpg 409_20130828204955a73.jpg 410_2013082820495428e.jpg 411_201308282049537f8.jpg
雪倉岳避難小屋
小屋の中にトイレがありました。
コチラは非常時のみ利用と地図にも記載されていますが。。。
中を覗くと、室内にしっかりテント設営してる方がいらっしゃって。。。
天気もよくて、まだ時間も早いけど。。。
あまりの衝撃に、避難小屋の写真撮り忘れました(笑)



ガスが通り抜けて。。。ヒンヤリ気持ちいい~~~♪♪
と思ったら、樹林帯は。。。あぢ~~~(> <)
雪倉岳から三国境までも数回雪渓を渡りますが、
トラバースの跡もついていて、回避することもできます。
雪渓もアイゼン無しで踏み抜きさえ気をつければ問題無しでした。
412_201308282053073de.jpg 413_201308282053069fd.jpg 415_20130828205305bba.jpg 416_20130828205304826.jpg 417_201308282053036dd.jpg 418_20130828205303f8b.jpg
緑と岩稜帯とコバイケイソウに雪渓の白~~
癒されるいい眺めでした(^0^)w

眺めはいいけど。。。
暑いね~~(> <)
ここまで、水場はなく残りの水の配分を考えながら
家族で分け合って飲みました。
419_20130828205602ca0.jpg 420_20130828205602028.jpg 422_20130828205601275.jpg 423_201308282056006d4.jpg 424_201308282055595d0.jpg

向かい側にそびえ立つかっこいい山容は、旭岳かな?
13:28 鉱山道との分岐。。。
ここから白馬岳山頂までCTで2時間(^-^;
はぁ~~暑さと日焼けは体力奪いますね。。。
この辺りのコマクサはちょっとお疲れかな??
山でお天気は嬉しいけど。。。お天気ばかりでは植物がかわいそう。。。
425_201308282058512f6.jpg 427_20130828205851cf1.jpg 428_201308282058504ec.jpg 429_20130828205849997.jpg 431_20130828205848baa.jpg 432_201308282058484c2.jpg


さ、気力をしっかり足元集中して頑張ろう~~♪
頑張って歩いたら、いいことが待ってるんだぞ~~~~!!(笑)
434_20130828210222d04.jpg 436_201308282102222a5.jpg 437_20130828210221df7.jpg 438_2013082821022058f.jpg 440_20130828210219408.jpg 441_20130828210219295.jpg
上を向いても、先を見ても振り返っても。。。
惚れ惚れする眺め~~~~~~(☆ ☆)


疲れたよね( ̄▽ ̄;;
でも、子供達一言も弱音吐きません。
暑さと疲れと次第に歩調は遅くなりますが
まだ~?とか歩けない~~とかマイナスな言葉は決して口にしません。
口にしても何も現状が何も変わらないということを悟っているのか(笑)

ちょっとお昼寝~~
koko登山靴、かれこれ二年目。。。
ソールかなり減ってきてます。大人なら張替えの時期かな。。。
来シーズンは買い替えだな~~(*^-^*)
444_2013082821045130b.jpg 446_2013082821045171c.jpg 447_20130828210450e70.jpg
ちょっと休んだら。。。
お腹が空いたので、どら焼きとドライフルーツケーキでチャージ♪♪



この辺りでpapaの膝の調子がギリギリだったような記憶が。。。
それでもこんなにたくさん写真撮ってくれてたんだね~~アリガト!!
450_20130828210745781.jpg 451_20130828210743ac2.jpg 452_20130828210743667.jpg 454.jpg 456_20130828210737f55.jpg 458_20130828210736ae1.jpg
14:48
三国境との分岐。。。
白馬大池方面からたくさんの方が登ってこられますね~~!!
あっちの稜線は気持ちよさそうだし、楽そうだね~~♪
な~んて、隣りの芝生は何とやらの会話してた(笑)


お~~やっと山頂見えたね~~アレだよね~~♪
。。。アレこそはと言いながら、何度偽ピークを越えたでしょうか。。。
同じペースで登られてる方と偽ピークで交わす会話は。。。「また騙されたね」(笑)
460_20130828211125c1a.jpg 462_20130828211124a7f.jpg 465_201308282111243e6.jpg 470_20130828211123691.jpg 471_20130828211122c77.jpg 478_20130828211121bc9.jpg
やった~~~!!
15:40
ようやく白馬岳山頂到着♪♪


白馬岳
白馬岳(しろうまだけ)は、飛騨山脈(北アルプス)北部の後立山連峰にある標高2,932 mの山。長野県と富山県とにまたがり、中部山岳国立公園内にある。
南に続く後立山連峰の山々とともに、南北に伸びる稜線の両側の傾斜が著しく異なる非対称山稜が発達している特徴的な山容を持つ。山頂を含む南北700 mの地帯は県境が設定されていない。山頂には一等三角点があり[1]、一等三角点百名山に選定されている。 東側の谷筋には冬季の膨大な積雪と周囲の山塊からの雪崩が集積した日本最大の雪渓である白馬大雪渓がある。雪渓の上部は夏期には日本有数の高山植物のお花畑が広がる。日本百名山、新日本百名山、花の百名山及び新・花の百名山に選定されている。
(Wikipediaより抜粋)



なんということでしょ~~~この青い空、雲ひとつありません!!!
この写真を見て誰がガスヲなんて言えるでしょうか~~~(笑)
無事、称号返納させていただきます(^皿^)

kokoの顔が若干泣きそうなのは。。。
neneとkoko、どっちが先に山頂立つかで登山道で言い合いになってたので。。。
2人ともpapaにゲンコツいただきました(笑)


山頂から下を覗き込みと。。。
なんだかモゾモゾ、キュっとなる感じ(^-^;コワイ~~~
ガスが上がってくる感じも雰囲気あっていいよ~~♪♪
474_201308282115094fb.jpg 479_20130828211508b01.jpg 483_201308282115073ad.jpg 481_201308282115072b4.jpg 482_201308282115064b3.jpg 489_20130828211504818.jpg
山頂は、白馬大池方面からこられた方と大雪渓から来られた方が
どっちのコース選択が良かったかで盛り上がっておりました(*^-^*)
大雪渓はやはり、落石があり、大きなクレパスも怖かったとお話されてました。


山頂を満喫して。。。
いざ、今夜の宿泊地へ向かって。。。下るよ~~♪
ここがまたザレてて、長時間歩いてきた足に負担が(> <)
松沢貞逸顕彰碑。。。papaに見てきてもらいました♪膝が痛いにも関わらず(笑)
492_2013082821200337a.jpg 493.jpg 494.jpg 495_2013082821200001b.jpg 496_20130828212000ed1.jpg 497_20130828211959fcf.jpg
山頂直下の白馬山荘~~~♪
ここにはテン場がありません。。。。


16:06
ザックをとりあえず降ろして。。。受付へ(^皿^)
はい♪
本日は白馬山荘へ宿泊~~~(*^-^*)
緊急時以外は、小屋泊は禁じ手だった我が家ですが。。。
今回は、しっかり事前に予約までしちゃってました(^皿^)
しかも一泊二食付の清水の舞台飛び降りプラン♪♪(笑)
498_201308282122176f1.jpg 499_2013082821221310a.jpg 500_201308282122124b1.jpg 502_20130828212212200.jpg 503_20130828212211e16.jpg
担がないpart2は。。。
一泊二食付きの小屋泊プラン♪♪
せっかくテントここまで背負ってきたのに。。。
っていう気持ちもありますが、二日間精一杯の力で歩いてきた子供達に
足を思いっきり伸ばして寝かせてあげたくって(T T)
。。。kokoはテントでも足思いっきり伸ばして寝れるケド(笑)


白馬山荘
株式会社白馬館(はくばかん)の経営する日本最大の収容人数をほこる山小屋。その規模は、山小屋とは思えないほど巨大である。1906年(明治39年)に開設された、宗教登山に由来しない山小屋としては日本最古の山小屋でもある(日本最古の山小屋は立山室堂)。 なお、15分ほど下っていくと、別の大きな山小屋(日本第3の規模)である、白馬村営の白馬岳頂上宿舎がある。

白馬岳頂上直下の標高2832m地点にある。第1新館・第2新館・第3新館の3つの宿泊棟と本格的なレストランや売店の入った棟である「スカイプラザ白馬」がある。第1新館の1階と2階は相部屋、3階は2人用個室となっている。第2新館は1階と2階がもっと大きな個室で、3階が相部屋。第3新館は1階が食堂で2階はホテル並みの個室と本格的な和室を備えている。閑散期は第1新館は閉鎖される。第1新館の東端は白馬岳特有の非対称山稜の崖に面しており、容易にご来光を望むことができる。
ヘリコプターによる大規模な物資輸送と、大容量の自家発電により飲料水のポンプアップが行われており、山頂直下の山小屋にもかかわらず、比較的物資や水に不自由しない。
(Wikipediaより抜粋)



1泊2食 大人 9000円 小学生 7000円
翌日の予定で、朝食をどうしようか予約の時点で悩みましたが
食事については、受付時まで変更可能とのことでした。
山荘を前にして。。。
2食付きに心はすぐ決まりました(笑)
詳しくはコチラ



小屋前には行って見たい名が並びます。。。
さすが日本最大級の山荘内、足元にはビニールテープで案内表示があり有難い(^皿^)
さて、無事受付を済ませ、指定された部屋は2号館2階の五竜♪
506.jpg 509_20130828212434a48.jpg 510_201308282124330ff.jpg 511_20130828212432627.jpg 513_201308282124325ea.jpg 546_201308282124307ce.jpg
6畳の1部屋を家族で使わせていただきました♪
空いていたからなのか予約していたからなのか、超快適~~~♪♪
嬉しさのあまり、到着早々布団敷き出す子供達とpapa(笑)
部屋は、引き戸が二重にあり、下駄箱までついています。

大きなザックを並べても。。。
まだまだ余裕~~♪
子供達も満面の笑みで、ザックの片付けも楽しそう(^皿^)




さて、ひとしきり部屋を堪能したら。。。
山荘の探検へ(^-^)/
白馬山荘は富山県と長野県の県境♪
夕飯まで、まだしばらく時間がありますので。。。
ここはやっぱりお楽しみのスカイプラザ白馬へ♪♪
プラザ内はおみやげやグッズも充実。
メニューも充実♪
ここが標高3,000mってこと忘れてしまいそうな快適さ(*^-^*)
でも外を眺めれば、剱、立山連峰のシルエットが♪♪
514_20130828212734041.jpg 517_2013082821273472c.jpg 519_20130828212733af1.jpg 521_20130828212732ae1.jpg 525_20130828212731cea.jpg 528_20130828212728f7c.jpg

お疲れ様~~~♪乾杯♪♪
大人は生ビール(^皿^)
子供達はオレンジジュースと。。。おでん!!
ケーキセットは?と2人に問うと。。。
メニュー見て、二人とも「おでん!!」と即答。。。
誰に似たのか。。。(笑)


夕飯までの時間、今日の景色と心地よい疲れの余韻に浸りながら
いい雲上のレストランで過ごす時間は。。。至福の時♪♪

ちなみに。。。
nene、スカイプラザ白馬でアルバイトしたいそうです。。。
アルバイト先逆指名は初(笑)


あ~~~ここまで頑張ってきた良かった~~~♪
幸せ(*^-^*)
しばし時間を忘れてのんびり山荘ライフ満喫。。。
ね♪頑張ったらいいことあるでしょ??(笑)




白馬山荘ライフ、お楽しみの夕飯へ続く。。。





テーマ : アウトドア    ジャンル : 趣味・実用


Comments

偽ピークに、、
何度もガクッてしながらの登頂!おめでと〜!
我が家も偽ピークにはやられちゃったことがあったから気持ち分かる〜。
でもなんどもやられちゃっても心折れなかったもえここさんちは偉い!
白馬のデッカい山荘はすごいね〜。
1回行ってみたいな〜。
 
おお!小屋泊!
あこがれの白馬山荘〜。ここのスカイプラザでゆるーい時間を過ごしてみたいんですよね〜。

ちなみにわが家はケーキセットだと思います。(^^
 
なるほどー^^!
パート2はそうきたか~~(笑)
でもでも、小屋泊のご褒美があると嬉しいよね。
混雑の時期に家族だけの貸し切り部屋は贅沢。
プランに入れてるなら、事前の予約も大事だね^^
 
おはようございます~^^

いいなぁ~快晴(笑)

小屋泊、最高ですね( ≧∀≦)ノ
しかも綺麗で広そうですし、何より家族で6畳も使えるなんて♪♪
弱音をはいても、しょうがないと思うところ
neneちゃん&koko、よく頑張りましたよ~(;O;)
山荘で、思う存分満喫して~(*^_^*)
ケーキでも食べて・・・と思ったら、おでん(笑)
 
もえちん!
お互いレポ「4」が同時刻UPだよ!(笑)
私はお先に完結~(^皿^)

担がないパート2!
まさかの小屋泊(^艸^)
もえここ家にもそんな選択があるんだね~
メモメモ(爆)
 
こんにちは。

ザ・縦走路!って感じで素敵なとこですね。

にせピークがあるから、ほんとのピークに立つとうれしいってとこもあるかも。

ガスヲ返上?1回くらいじゃ実力とは言えないよ。(笑)
 
小屋泊かー!これは、ちとビックリ。
それも個室だなんて、なんとも羨ましいです!

私は少ない小屋泊経験ですが、押し込められた経験しかなく
個室だなんて憧れますわ。

papaの膝は大丈夫だったのかな? 
 
小屋泊よさそう♪
んー 
パンパンのザックの中には何が入ってるんでしょう(謎)
白馬山荘泊まってみたいので次が気になる気になるw
 
★  morpheusさん ★
わかっていただけて嬉しいです~~(T T)
やっとあそこだ~~~と心は決まっているので
もっと先だと思うと。。。ボキボキ折れてましたよ(^-^;;
支えは、今夜は小屋泊という思いだけ(笑)

去年の槍ヶ岳山荘も感動でしたが
白馬山荘も素晴らしかったです♪♪
ぜひぜひ泊まっちゃってください(*^-^*)


 
★ MOMOパパさん ★
ハイ♪小屋泊~~(^皿^)
標高を忘れる快適度はもう忘れられない快感です(笑)
色々なモノが揃ってて、眺めのいいスカイプラザでモーニングコーヒーもいいですね♪
営業時間が長いので助かります(^0^)/

オシャレなMOMOパパさん家ならケーキセットが画になりますが。。。
我が家では。。。おでんがいいとこみたいです(笑)
 
★ ぴょんたん♪ ★
だって~~、ぴょんたんレポ見た時絶対スカイプラザ行きたいって思って~~
白馬山荘がスカイプラザに一番近いでしょ??(笑)

2号館の2階は6畳くらいのお部屋が並んでて
個室予約じゃなくても、まとまった人数のパーティーだと
混んでいなければ、それ以上は詰め込まないのかな~と
小屋の方の気遣いに感謝♪♪
そうだね~~山荘への直通電話はないから、
事前予約~~そこポイントかも♪
 
★ komaちゃん ★
こんばんは(^0^)w

いいでしょ~~白くない写真(笑)

夏休みだし大サービスさ~~~♪♪
小屋泊にして快適だし疲れもとれて大正解だったよ~(*^-^*)

ありがとう♪
たとえ弱音はいたとしても。。。
慰めてくれないことをよく知ってる子供達です(笑)

kokoは、麓で寄ったセブンイレブンで「おでんはじめました」の
看板みて、「買って~~~!!」と言ってたんだけど、
あまりに暑くて、親はとても買う気になれず。。。小屋で売ってるかもよ~と適当な返し。。。
山荘が近くなると、「おでんあったら買ってね~~」と忘れてませんでした(笑)
 
★ みわりん♪ ★
あらま!!
やっぱり気が合うね~~なんだか嬉しいよ(^皿^)
ついでに、もう一話引っ張ってくれてたら良かったのに~♪
ん?私はもう一話で終わるのか?!(笑)

そうだよ~~大人的解決方法♪(笑)
ま~家族旅行みたいなもんだからね~~一応夏休みの思い出に
ちょっと遠い屋根付きのところへネ(^皿^)


 
★  ユキヲさん ★
こんばんは(^0^)w

危険個所はないし、家族で思う存分縦走を味わうにはいいコースでした♪
ただちょっと遠いですけどね(笑)

さすがユキヲさんかっこいいこと言ってくれるじゃないですか!!
まだまだ偽ピークの有り難さがわからない私は未熟者です(^0^;

またまた~~元祖ガスヲさんにその言葉
そっくりそのままお返しいたします(笑)
 
★ ☆bridgeさん ★
小屋はそれに慣れてしまっては有難みが感じなくなるので
なかなか敷居高かったんですけどね~。
コースによっては、小屋泊混ぜるのもアリだな~と今回実感しました♪
でも、帰路で。。。ってことは、テン場がないコース選択でも良かったのでは?
と気づくの遅かったです(笑)

お盆の真っ最中ですし、互い違いに寝ることも覚悟してて
子供達にも言い聞かせてたんですが。。。
ますます小屋泊熱望されそうです^-^;;

ご心配ありがとうございます<(_ _)>
papaの膝は、ボルダリングで酷使しすぎでの
痛みのようでしたが、小屋で膝を伸ばして休んだら
すっかりよくなりました♪♪
 
★  tapさん ★
白馬山荘、キレイで廊下も広くって快適でしたよ♪
受付だけが独立して別棟になっていて、小屋の入り口が混み合わないのも嬉しいです♪
受付窓口では、受付とお会計別なのでスムーズな対応で感動でした(*^-^*)

我が家のザック。。。
シュラフ2個がオーバースペックなんですよね(^-^;
来年こそは買い替えよう!!と話題になってます♪
 
こんちわ~♪

青い画像ばかりで違うブログかと思っちゃいました~(笑)
ガスヲ脱却おめでとうございます♪


山小屋泊は意外でした~

ですが白馬山荘は一度は泊まっておきたい山小屋ですよね~♪

 
こんばんわー(*^◯^*)

白馬 私たちと入れ違いやったねー。
ザック軽量化、うちと全く同じ考えでした〜。(また記事にしようと思ってたの(o^^o))

白馬山荘とっても良い小屋やったねー。
また行きたいな♪
次行く時はneneちゃんがバイトしてるかな?(笑)

白馬大池から歩いている時に雪倉岳がとてもきれいだったのでぜっったいに行きます!!!(*^^*)
 
えぇ〜っ?まさかの小屋泊?!
青空続きのレポといい、一体何があったの??
しかも6畳貸切とはまた贅沢〜。
山小屋ってこんなにも快適でステキなところ♪って子供達が勘違いしちゃいますヨ!
…でも長期縦走に小屋泊織り込むのはアリですね〜。実は我が家も…予定外に(笑)
 
★ piyosuke‐papaさん ★
こんにちは(^0^)w

ありがとうございます♪
今後とも青さを追求して精進していく所存です(^皿^)

日本最大級とか聞いてしまうと、やはり泊まっておきたいですよね~~
学生時代は泊まろうという発想もありませんでしたが。。。大人になりました(笑)
 
★  まろんさん♪ ★
コメントありがとうございます♪
日程ちょっとズレちゃってましたね~
バッタリできず残念です(> <)

やっぱり、いっぱい頑張って歩く縦走では。。。
ザックも軽くしたいし、足伸ばして寝たいですよね~~(^皿^)

白馬山荘いいですよね~♪
広いしキレイだし快適でした(*^-^*)
次は白馬三山縦走できるよう頑張ります♪
neneがバイトできるように。。。
もう少し色々な山へ行って修行しないとです(^0^)b

お花いっぱいの雪倉も素敵でしたが
紅葉の時期も素晴らしいんだろうな~という眺めでした♪
ぜひぜひ(^-^)
 
★ sana-papaさん ★
ふふふ♪
計画的な大人の山行プラン(笑)

はい♪
山小屋は快適なところ=長時間の行程を頑張る=泊まれる
の図式を摺り込み中です(笑)

sana-papaさん家はどちらに泊まられたのかな~??
楽しみにしてますよ~~(*^-^*)
 
ここで飲む生ビールはうますぎる!
疲れて水分が抜けた体に生ビールを入れると、
指の先まで染み渡るのがわかる気がする(笑)

担がないが食料だけじゃなくて小屋泊って、
てっきち村営山荘でテントを貼り、
食事は2食山荘で取るんだと思ってた。
 
★ ぶるさん ★
やっぱりこの景色には生ビールだよね~♪
>指の先まで染み渡るのがわかる気がする(笑)
↑熱いのが喉を通るのを感じたことはあるけど。。。
アルコールが染みわたる感覚はまだ未体験。。。
さすが、ぶるさんらしいね~~(笑)

ふふふ♪
食材担がないなら。。。
小屋泊で、お宿に泊まった家族旅行気分も味わっちゃう作戦です(^皿^)
 

Leave a Comment



11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

10

12


 
フリーエリア
 
ポチっとランキング
↓ポチッと応援が励みになります♪
にほんブログ村 アウトドアブログ クライミングへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
 
カテゴリ
 
リンクブログ
 
楽天ショップ
 
我が家のアイテム
 
最新トラックバック
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
QRコード
QR
 
プロフィール

もえここファミリー

Author:もえここファミリー
外遊び大好きもえここファミリーです(*^-^*)

もえここ-papa,もえここ
nene(13歳),koko(9歳)
お空へ旅立ったポッキー(Mダックス享年13歳)

子供たちと一緒に一年を通して山登りにキャンプ、冬はスキーにスノーボード、たまに釣り、ときどきクライミング。。。

体使って思いっきり外遊び&楽しいこと大好き♪
今、楽しめるスタイルを模索しながら時間を見つけては出撃中♪♪

どうぞよろしくお願いいたします(*^-^*)

 
FC2カウンター
 
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
 

Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。